記事コラム(越境EC・KOLマーケティング)

中国の越境EC・インフルエンサー(KOL)の最新情報や業界動向など、中国マーケティングに役立つ記事・コラムをお届けしています。

記事コラム(越境EC・KOLマーケティング)の記事 最近投稿された記事

【記事コラム】微信(WeChat)公式アカウント向けライブ配信ツール「騰訊直播」がスタート、微信公式アカウントのKOL達がライブコマースに続々と参入

【記事コラム】微信(WeChat)公式アカウント向けライブ配信ツール「騰訊直播」がスタート、微信公式アカウントのKOL達がライブコマースに続々と参入

“ライブ配信”と”Eコマース“を組み合わせた”ライブコマース“。大人気の美容KOL(インフルエンサー) “李佳琦(Austin)”が、わずか5分間のライブ動画配信で口紅1万5,000本を販売したという驚愕のニュースはまだ記憶に新しいことでしょう。”ライブコマース“はまだまだいけるという期待が高まる中、テンセントは「微信(WeChat)」公式アカウント向けライブ配信ツール「騰訊直播(テンセントライブ)」をリリースしました。
【記事コラム】ネット経済のターニングポイント到来、モバイルネットの成長鈍化の突破口はどこにある? ーQuest Mobile「中国2019年春季報告」 

【記事コラム】ネット経済のターニングポイント到来、モバイルネットの成長鈍化の突破口はどこにある? ーQuest Mobile「中国2019年春季報告」 

モバイルインターネットのビックデータ解析などを行う調査会社「Quest Mobile」が《中国2019年春季報告》を発表しました。中国のモバイルインターネットの今季の特徴や今後の成長が見込める市場などをご紹介します。
【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

インターネット業界の成長が鈍化していると言われる中、ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」と「快手(Kuaishou)」だけは好調に成長を続け、ネット界の“怪事件”だと言われています。今からでも間に合う、「快手」の攻略法をご紹介します。
【記事コラム】アマゾンが中国EC事業から撤退、失敗要因はどこにあったのか?

【記事コラム】アマゾンが中国EC事業から撤退、失敗要因はどこにあったのか?

4月18日にアマゾンが中国国内向けネット通販事業から撤退すると発表しました。中国EC業界の変化に対応できず、「アリババ」や「京東(JD)」に追い上げられる形で成長市場を後にするアマゾン中国。1994年の中国市場参入から、現在に至るまでのアマゾンの歴史を辿ります。
【記事コラム】若者に大人気の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、そのコミュニティへ潜入し成功の秘密を探る

【記事コラム】若者に大人気の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、そのコミュニティへ潜入し成功の秘密を探る

人気爆発中の中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」。「完美日記(Perfect Diary)」と言えば、ビリビリ動画と小紅書(RED)でのマーケティングの成功を連想する方が多いかと思われますが、果たして、本当にそれだけなのでしょうか?ある美容メディアのCerys記者が、一消費者として2か月間、同ブランドの微信コミュニティに潜入しました。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【記事コラム】男性KOL・タレントの起用で中国コスメ市場へ攻め込むその勝算とは?

【記事コラム】男性KOL・タレントの起用で中国コスメ市場へ攻め込むその勝算とは?

コスメに詳しい男性美容系KOL(インフルエンサー)が増え、メイクやスキンケアの知識や経験も女性KOLに劣らず、多くのフォロワーを獲得しており、口紅王子「李佳琦(Austin)」の登場が美容系男性KOLのターニングポイントとも言われています。コスメブランドの中国マーケティングで、男性KOLやタレントがどの様に起用されているのか、ご紹介いたします。
【記事コラム】市場規模5000億元(8兆円)以上の中国のF3層マーケットもネット通販が主戦場、急速に成長する“新老年”市場の現状は?

【記事コラム】市場規模5000億元(8兆円)以上の中国のF3層マーケットもネット通販が主戦場、急速に成長する“新老年”市場の現状は?

精神的にも物資的にも消費意欲を開放し始めた“新老年(高齢者世代)”市場が大きな盛り上がりを見せ始めています。潜在規模は5000億元(8兆円)を超えると言われる注目の中高年アパレル市場について、市場調査会社Age ClubがまとめたF3層(50歳以上の女性)の動向をご紹介します。
【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)が運営する「Tik Tok(抖音、ドウイン)」のアカウントは50個以上、フォロワー総数2000万人超、それぞれのアカウントの月収入は10万元を超え、ショート動画の時流に乗り中国MCNメディアとして成功を収めた企業の1社です。以前は画像コンテンツ制作・配信で毎月数十万元の収益を上げ、順調な会社経営だったにも関わらず、同社はなぜ、ためらうことなくショート動画市場へ全面転戦したのでしょうか。その背景には、どのような経験や教訓があるのでしょうか?
【記事コラム】中国最大手ドラッグストアチェーン「Watson’s(屈臣氏) 」を巡り、アリババとテンセントが争奪戦?

【記事コラム】中国最大手ドラッグストアチェーン「Watson’s(屈臣氏) 」を巡り、アリババとテンセントが争奪戦?

大手ドラッグストアチェーン「Watson’s(屈臣氏) 」の株式取得先に「アリババ」と「テンセント」の名前が浮上しています。オフラインの実店舗に強みを持つ「Watson's」に、オンラインプラットホームの2強が関心を示すのはなぜでしょうか。小売業界に注目する両社の戦略と合わせてご紹介します。
【記事コラム】微信(WeChat)公式アカウントでフォロワー数1000万人超えの漫画「少女兎」、その爆発的人気の理由に迫る

【記事コラム】微信(WeChat)公式アカウントでフォロワー数1000万人超えの漫画「少女兎」、その爆発的人気の理由に迫る

“心のオアシス”として若い女性達に大人気の「少女兎」。“蛙兄”と“兎姉”の恋愛模様にまつわる日常を漫画で配信する微信(WeChat)の「購読アカウント(訂閲号)」です。フォロワー数はついに1000万人を突破、「人民日報」や「共青団(共産主義青年団)中央」といった共産党系メディアでも幾度となく転載利用されています。この爆発的な人気を獲得しに至るまでの間、3度もアカウント名を改名しました。 “生死を賭けた”という改名の背景には何があったのでしょう?
【記事コラム】「小紅書(RED)」の『品牌号』でブランド旗艦店とユーザーがさらに繋がる、アプリ内で“ワンストップ”マーケティングを実現

【記事コラム】「小紅書(RED)」の『品牌号』でブランド旗艦店とユーザーがさらに繋がる、アプリ内で“ワンストップ”マーケティングを実現

若い女性から絶大な支持を得ているコスメ系ソーシャルメディア「小紅書(RED)」が、2019年3月20日にこれまでの『品牌帳号』から『品牌号』へブランドアカウントのバージョンアップをを行いました。ブランドと消費者が一層繋がりやすくなり、アプリ内で商品購入までのプロセスが“ワンストップ”で完結すると言われるバージョンアップした『品牌号』をご紹介します。
【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

淘宝におけるKOLコマースのパイオニア「如涵(RuHnn)」の始まりは、最初に立ち上げたブランド「莉贝琳(liblin)」。同ショップを展開する中でスーパーKOL“張大奕”を発掘し、KOLを活用したECのビジネスモデルを確立しました。中国の“KOL”ビジネスは後半戦へ突入し、如涵の上場に合わせて「KOL」+「Eコマース」のビジネスモデルが注目を集めています。
【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

「小紅書」と「ビリビリ動画」をマーケティングの主戦場として、この2年間で急速に人気を集めている中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、「淘宝」&「天猫」のコスメ部門月間売上ランキングでは、海外トップブランドを押さえて、堂々の第7位にランクインしました。いま中国で最も注目を集める同ブランドのマーケティング戦略についてご紹介します。
【記事コラム】微信(Wechat)の新機能『好物圏』、ソーシャル機能を活かした友人レコメンドで消費を促す“買い物版 モーメンツ”となるか?!

【記事コラム】微信(Wechat)の新機能『好物圏』、ソーシャル機能を活かした友人レコメンドで消費を促す“買い物版 モーメンツ”となるか?!

微信(Wechat)の“ミニプログラム(小程序)”でこれまで検索欄下方に表示されていた『購物単(お買い物リスト)』が『好物圈』へと変わり、ユーザーインターフェースが大幅に変更されました。商品のレコメンド機能が強化された『好物圈』は、ショッピングに特化した“モーメンツ(微信版のタイムライン)”のような役割を果たすのかに注目が集まっています。前身の『購物単』から新しくなった『好物圈』へ、進化の変遷と共にご紹介します。
58 件

記事コラム(越境EC・KOLマーケティング)で人気のキーワード