2019年12月6日 更新

【記事コラム】ダブルイレブン(W11)で超スピード配送を実現した中国の"スマート物流"。また、「京東集団」が打ち出す未来の物流形態の大胆な構想とは?

「モノを買った時は楽しかったけど、なかなか届かなくてイライラする・・・」。数年前のダブルイレブン(W11)では、多くのユーザーがこんな体験をしたことがあるのではないでしょうか?でも、今年のダブルイレブンでは、数時間前に購入した商品がすぐに届きました。注文からお届けまでのあまりの速さにユーザーはビックリです。ダブルイレブンの販売セールが始まって10年余り、その間、中国の物流スピードは大幅に前進しました。今日の超スピード配送はどのように実現されたのでしょうか。

痛定思痛11年,“双十一”物流才能达到今天的速度
↑元記事はこちら
 (5481)

11月11日、年に一度の大型EC販売セール「ダブルイレブン(双11)」が開催された。今年のダブルイレブンで天猫は取引総額2684億元という新記録を達成し、商品の配送は12億9,200万件にも上った。11年前、天猫がダブルイレブンの大セールを開始した当初、配送件数は26万件だったが今年はその4,970倍の件数にまで増加している。
しかし、物流が急激に増加したことで当時の配送会社の受注システムは大きく混乱し、各地の物流倉庫は許容量を超えダブルイレブン当日に注文した商品が1ヵ月を過ぎても手元に届かない等の問題が発生していた。
物流倉庫で出荷されずに山積みになっている商品

物流倉庫で出荷されずに山積みになっている商品

だが今やそのような混乱した事態はすでに過去の産物だ。ダブルイレブンでも素早く商品を届ける宅配サービスが登場し、この物流スピードの進歩は物流会社全体の運送力の向上と、全面的なスマート化のさらなる強化による賜物だろう。

先行予約販売が配送のスピードアップに大きく貢献

宅配サービス会社・中通快逓(ZTOエクスプレス)は、11月11日の明け方、今年のダブルイレブンの最初の配送商品は、注文からわずか20分52秒で11月11日の明け方にユーザーの手元に届けたと発表した。この超スピード配送に対し、ネットでは称賛の声が多数上がった。超スピーディなオペレーションの実現は、資本・業務提携をしているアリババグループの物流子会社・莱鳥網絡(ツァイニャオ)の功績が大きいと言う。
 (5483)

 (5484)

莱鳥網絡(ツァイニャオ)は今年、ダブルイレブンに先駆けた先行予約販売を大規模に展開。先行予約期間に受注した商品は、注文者のお届け先住所から10㎞圏内にある倉庫へと事前に配送しておき、残金が支払われたらすぐに配達するのだ。こうすることで、ダブルイレブンがスタートした11月11日の未明に代金の支払いが行われた商品を、当日の朝に彼らの元へと届けることを可能にした。
「先行予約販売」は、倉庫の滞貨の解消のみならず、宅配便の配送スピードのクオリティを飛躍的に向上させた。「こんな速く届くと、朝起きてやっぱり買わなきゃよかったと後悔しても、返品する時間もない」とネット上で冗談が飛び交うほどだった。
 (5485)

道路運送のスマート化がスピードかつ安全性を高めた

ダブルイレブンの配送ピーク時には毎年、宅配便の配達員が寸秒を争って道路を奔走し、交通事故の中でも高い割合を占めていた。この問題を解決しようと、ダブルイレブン期間中の配送のスマート化に尽力し始めた宅配サービス会社もある。
例えば、中通快逓(ZTOエクスプレス)は、レベル2.5の先進運転支援システムを搭載したボルボの最新型高性能トラック1000台余りをダブルイレブンの配送に投入した。自動方向転換や衝突アラームなどの機能を備えた半自動運転のトラックは、ドライバーの疲労度を下げ、安全性指数を高めた。
中通快逓(ZTOエクスプレス)の半自動運転トラック

中通快逓(ZTOエクスプレス)の半自動運転トラック

大手物流会社・順豊速運(順豊エクスプレス)は業務のピーク時に、計量や陳列、ピッキングを自動で行うロボットを投入し、配送業務全体の処理スピードを通常の2倍にアップさせた。また、ボーイング747-400ERF(貨物型)の貨物専用機を導入し、所有する貨物機57機すべてをダブルイレブンの空輸業務へと投入した。
順豊速運(順豊エクスプレス)の貨物専用機

順豊速運(順豊エクスプレス)の貨物専用機

仕分けロボットで1日50万個の小包を処理

去年のダブルイレブンの前に、大手宅配サービス会社・円通速逓(YTOエクスプレス)は、杭州物流センターにて、莱鳥網絡(ツァイニャオ)と共同開発したスーパーロボット仕分けセンターが正式に稼働したことを発表した。この仕分けセンターの“主役”は俊敏な青色ロボットたちだ。
慌ただしい倉庫内では、小さな青色のロボットたちが指定されたエリアへと小包を運び、小包を乗せた上部のパレットを立ち上げ、投入口へと落とし込む。この全プロセスをたったの十数秒で行うのだ。ピーク時には2000㎡の作業場で350台のロボットたちが昼夜を問わず働き、毎日50万個以上の小包を仕分けする。
 (5488)

お掃除ロボットのような見た目の彼らに“スーパー脳”を授け、極めて高い予見能力を持たせた。AIやIoTで最速の運搬ルートを計算し、密集した作業場で互いの衝突を回避するだけでなく、歩いている作業員をも避けることができるのだ。
 (5489)

小包を秒で受け取るブラックテクノロジー

配送のスピードアップに対し、購入者が商品を受け取るスピードもまた追いつく必要がある。さもなければ、配送の最終地点に小包が堆積してしまい、後続の配送に影響することだろう。今や、様々なブラックテクノロジー(先端技術)が宅配便に利用され、荷物を送るのも受け取るのも非常に便利になっている。
例えば、顔認証宅配ロッカーは、ディスプレイのレンズに照準を合わせるだけで即刻ロッカーの扉が開き、たった2秒で荷物を受け取れる。
 (5490)

宅配用スタンドスキャナーは、荷物をセンサーの上に置くと一瞬にして宅配コードをスキャンし、出庫が可能となる。フラッシュ1回で出庫前の全プロセスを完了するのだ。
 (5491)

ジンドン(京東)が打ち出す近未来のスマート物流構想

すでに実用化されている設備のほかに、まだ実現されていないブラックテクノロジー(先端技術)も存在する。その“スマートロジスティクス”が高い評価を受けている大手EC・小売インフラ会社の「JDグループ(京東集団)」が、未来の物流形態の大胆な構想を描いた動画を配信した。「5Gカプセルのリニアモーター式パイプ輸送」構想である。
小包を一つひとつ5Gに接続されたカプセルに入れ、地下パイプを通って倉庫から中継ステーションへと運び、そこからさらにオフィスや集合住宅の各ビルの地下にある配送地点へと配送し、最後はそこからAIロボットが購入者の元へと届けるというものだ。小包の入ったカプセルを磁力で動かすリニアモーター式のパイプ輸送は、地上空間を占用しないばかりでなく、省エネにも十分貢献する。
5Gカプセルの中へ小包を詰め込む

5Gカプセルの中へ小包を詰め込む

リニアモーター式で地下パイプを通ってカプセルを輸送

リニアモーター式で地下パイプを通ってカプセルを輸送

配送最終地点へ到着、小包を下ろす

配送最終地点へ到着、小包を下ろす

もしこの構想が実現したなら、未来の宅配便には道路運送は必要なくなる。配達員は直接、地下の物流専用通路からエレベーターに乗り、購入者のドアを叩くだけになるだろう。
「商品がいつまでたっても届かない」なんていう消費者の心配はもういらない。「商品の配送が間に合わない」なんていう宅配サービス会社の不安も解消された。ダブルイレブンのセール期間の売上は年々増加の一途をたどるが、それに並行し、各大手ECプラットフォームの物流への管理や投資も年々強化されている。彼らは、“リピート顧客”を獲得する鍵となるのは、“素晴らしいショッピング体験”だと知っているのだ。だからこそ、超スピード配送、スマートロジスティックスへの追求が止むことはないだろう。
-------記事の紹介はここまで-------


如何でしたでしょうか?

WeStock は、広告費不要で2億人にリーチできる中国KOLのECショップネットワークです。

※下記は【WeStock】の紹介ページへのリンクです。詳細は下記からご確認ください。
https://www.westock.jp/

化粧品・日用品・健康食品のメーカー様を中心に3,000ブランド以上の販売実績があり、200名以上の著名KOLのネットショップ内に商品の売り場を確保し、中国向け越境ECのマーケティングを全面的に支援しています。

ご質問やご相談、お問い合わせ等ございましたら、以下に必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。 「WeStock」の紹介資料も、送信後に自動メールにてご送付させて頂いています。
お問い合わせ・資料請求はコチラから
入力内容を送信

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【記事コラム】「独身の日」ダブルイレブンで「天猫(Tmall)」が4.2兆円の流通総額を突破で記録更新!その他のECプラットフォームのW11商戦はどうだったのか?

【記事コラム】「独身の日」ダブルイレブンで「天猫(Tmall)」が4.2兆円の流通総額を突破で記録更新!その他のECプラットフォームのW11商戦はどうだったのか?

「天猫(Tmall)」の2019年W11(ダブルイレブン)の売上高が、11月11日を1分36秒過ぎた時点で100億元(約1554億円)、1時間3分59秒で1000億元(約1兆5541億円)、14時間21分27秒で2000億元(約3兆1083億円)とハイスピードで更新され、1日の総売上は2684億元(4兆1713億円)に達しました。過去最高記録を再び更新した「天猫(Tmall)」好調の裏で、それ以外のECプラットフォームの売上状況はどうだったのでしょうか?「星図」が提供するデータを基にご紹介します。
【記事コラム】突如アプリストアから姿を消した「小紅書(RED)」が復活!大打撃を受けたKOL・MCN・ブランドなど復活までの苦労とは?

【記事コラム】突如アプリストアから姿を消した「小紅書(RED)」が復活!大打撃を受けたKOL・MCN・ブランドなど復活までの苦労とは?

人気SNS型ECアプリ「小紅書(RED)」が突然アプリストアから姿を消しました。その衝撃的な出来事から約2か月が経った10月14日、“小紅書復活”のニュースが流れたのです。ソーシャルコマースの領域で大きな成功を収めつつあった「小紅書(RED)」の騒動が、KOL(インフルエンサー)、MCN(マルチチャンネルネットワーク)、ブランドに与えた打撃は多大なものでした。そんな彼らにそれぞれの立場からの意見を伺ってみました。
ダブルイレブンに向け販売実績とブランド認知を創出 | 株式会社Mizkan定番商品「味ポンMILD」「金のごまだれ」

ダブルイレブンに向け販売実績とブランド認知を創出 | 株式会社Mizkan定番商品「味ポンMILD」「金のごまだれ」

WeStockでは中国のソーシャルメディアで高い影響力を持つKOLのネットショップを使い、越境ECのマーケティング支援サービスを提供しています。WeStockをご活用いただいている株式会社Mizkan アジア統括部 関根様にお話しを伺ってきました。
【記事コラム】フォロワー1万人でも薇娅や李佳琦に太刀打ちできる?少ないフォロワー数で高い売上を獲得する「微網紅」マーケティングとは!

【記事コラム】フォロワー1万人でも薇娅や李佳琦に太刀打ちできる?少ないフォロワー数で高い売上を獲得する「微網紅」マーケティングとは!

李佳琦(Austin)のようなスーパーKOLの忠実なフォロワーは優に1000万人を超えます。例えば、5万人のフォロワーを持つKOLを 200人集めて商品を販売したらどうでしょう?フォロワーは合わせて1000万人となり、ちりも積もれば山となり、もしかしたら、その売上は薇娅(viya)や李佳琦(Austin)を超えるかもしれません。今、このフォロワー100万人以下の「微網紅」と呼ばれるKOLに注目が集まっています。
WeStockのプロモーション効果で販売数が「2万個」を突破!準「爆買い」商品に | セイリン株式会社 息リフレッシュタブレット「カキペロ」

WeStockのプロモーション効果で販売数が「2万個」を突破!準「爆買い」商品に | セイリン株式会社 息リフレッシュタブレット「カキペロ」

WeStockでは中国のソーシャルメディアで高い影響力を持つKOLのネットショップを使い、越境ECのマーケティング支援サービスを提供しています。WeStockをご活用いただいているセイリン株式会社 市場開発部 課長 橋口様にお話しを伺ってきました。

この記事のキーワード

この記事の担当者

WeStock編集部 WeStock編集部