2019年6月13日 更新

【記事コラム】「小米(Xiaomi)」が「抖音(TikTok)」でポップアップストア開設、先行予約販売は500万台超え!

「小米(Xiaomi)」が「抖音(TikTok)」で新商品発表を行い、中国のTikTok上に設けられた“ポップアップストア(期間限定店舗)”で先行予約販売を実施。両社がWin-Winの大きな成果を上げたマーケティング事例をご紹介します。

雷军试水抖音快闪店!红米新机预约量如破亿将为抖音树立电商标杆
元記事はこちら↑

「小米(Xiaomi)」×「抖音(TikTok)」、人気企業2社が業界を超えたコラボレーション

 (2524)

スマートフォンやスマート家電の大手製造メーカー「小米(Xiaomi)が、中国のショート動画プラットフォーム「「抖音(TikTok)」で同社スマートフォン“Redmi(紅米)”シリーズの新作発表を行い、TikTok上に設けられたポップアップストア(期間限定店舗)で先行予約販売を実施した。

「小米(Xiaomi)」のスマートフォンは最も早い時期からオンライン戦略を重視、「微博(Weibo)」、「微信(Wechat)」など、中国で主流のSNS大手メディアで多くのフォロワーを持ち、ソーシャルメディアでのマーケティングに力を入れている代表格の企業だ。

「抖音(TikTok)」は、昨年日本でも中高生を中心に人気が爆発した中国のショート動画プラットフォームで、ソーシャルメディアの革新的新モデルとして、その成功は各業界に様々な現象をもたらした。公式発表データでは、2019年1月時点の中国国内の1日のアクティブユーザー数は2.5億人、1カ月のアクティブユーザー数は5億人を突破。30歳以下のユーザーが55%を超えている。

現在「抖音(TikTok)」上での情報の拡散力は多くの人が認めるところで、同プラットフォーム上で様々な商品や観光地、グルメなどの流行が創出され、“網紅”と呼ばれるKLO(インフルエンサー)によって紹介されたモノや場所などが、大きな経済効果をもたらしている。

更なる可能性を秘めた「抖音(TikTok)」プラットフォームとの新たなコラボレーションを試みたのは、「小米(Xiaomi)」が今年発表した“Redmi(紅米)”ブランドだ。この新型スマホは、4,800万ピクセルのレンズや夜景モードを搭載し、外観には両面2.5Dガラスやカラーが変化するデザインを採用。まさに「抖音(TikTok)」を利用する「若年層」を意識した仕様モデルとなっている。

「抖音(TikTok)」にオープンした「小米(Xiaomi)ポップアップストアで先行予約販売が500万台を突破!Win-Winのプロモーション効果


「皆さんこんにちは、雷軍です。初めてのTikTok投稿にちょっと緊張しています」
左から2番目が雷軍氏。

左から2番目が雷軍氏。

1月上旬、「小米(Xiaomi)」創業者の雷軍氏が、TikTokユーザーに対して発信したショート動画が大きな話題を呼び、「微博(Weibo)」でも広く拡散された。

雷軍氏が人生初のTikTok投稿で話題をさらった数日後、「小米(Xiaomi)」の“Redmi(紅米)”シリーズの新型スマホ発表会が北京で開催され、ショート動画プラットフォーム「TikTok(抖音)」にポップアップストア(期間限定店舗)をオープンすることが明らかになった。
 (2525)

ポップアップストア「小米(Xiaomi)-抖音(TicTok)全球首家快閃店」の設置期間は1月10日から14日20時までの4日間で、TikTokの小米公式アカウントの画面左下をタップすると、ポップアップストアの画面へジャンプすることができる。

ポップアップストアでは、“Redmi(紅米)”の先行予約も行うことができ、その数は500万台を超えた。また正式発売後、最新機種の“Redmi(紅米)Note7”はわずか1時間で完売。小米が「TikTok」上に設けたポップアップストアは、ブランドイメージを高めるのに大きなマーケティング効果を発揮した。
TikTokから直接操作が可能な“Redmi(紅米)”...

TikTokから直接操作が可能な“Redmi(紅米)”の予約画面

今回のコラボレーションで両社はWin-Winの成果をあげ、「小米」は“Redmi(紅米)”の新作発表のプロモーションで大きな話題を集め、売り上げを伸ばすことに成功。「TikTok」を使ったマーケティング手段として、新たなマイルストーンを打ち立てた。

オンライン店舗と実店舗(オフライン)の相乗効果

 (2528)

ユーザーの“買い物体験”という観点から見ると、「TikTok(抖音)」が今回設置した「小米(Xiaomi)」のポップアップストアと、これまでのTikTokのショッピングカートには大きな違いがある。

今回用意された小米のポップアップストアでは、外部の通販サイトに遷移することなく、「TikTok」のアプリ内で直接予約や購入が可能で、非常に速いスピードで購入に結びつけることができた。オフラインの実店舗と比べて、「TikTok」上に設けられたポップアップストアの優位性は、地域的な制限を取っ払い、最大限に人の流れを作れることだ。

一般的に、オフラインでポップアップストアをオープンする際は、開店前と後に大量のメディア広告が必要だが、今回「小米」が行ったオンライン臨時ストアでは、一度話題になると検索ランキングの上位に名前が上がり、ストア開設後の告知を行わなくても再生回数が累計2億回を超えた。また事前告知後、ポップアップストアの正式オープンを待たずに、TikTokのKOL(インフルエンサー)たちがいち早く拡散してくれたことで、小米の代弁者の役割を果たした。
 (2526)

この「小米」×「TikTok」のマーケティング手法は、 売上結果、宣伝効果、革新力の観点から見て、間違いなく“2019年マーケティング大事件”の1つに入る成功事例と言えるだろう。
-----------元記事の紹介はここまで--------------


如何でしたでしょうか?

『WeStock』では、200名以上に及ぶ中国のKOL(インフルエンサー)のネットショップを運営し、日本の化粧品・日用品メーカーの越境ECマーケティングを全面的に支援しています。

下記から、WeStockのサービス詳細がわかる資料を無料でダウンロード頂けます。
※フォーム送信後、登録されたメールアドレス宛に資料ダウンロードのURLをお送りさせて頂きます。

また、商品販売に関するご相談も、下記フォームからお問い合わせください。
無料資料ダウンロードはこちらから
入力内容を送信

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

「小紅書」と「ビリビリ動画」をマーケティングの主戦場として、この2年間で急速に人気を集めている中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、「淘宝」&「天猫」のコスメ部門月間売上ランキングでは、海外トップブランドを押さえて、堂々の第7位にランクインしました。いま中国で最も注目を集める同ブランドのマーケティング戦略についてご紹介します。
【KOL紹介】フォロワー数165万人以上!真似したくなるメイク動画とファッションが人気の「杏仁眼Miu」

【KOL紹介】フォロワー数165万人以上!真似したくなるメイク動画とファッションが人気の「杏仁眼Miu」

WeStockがショップ運営で独占契約するKOLの紹介。中国の人気KOL(インフルエンサー)「杏仁眼Miu」の人物像やプロモーション事例についてご紹介します。
【記事コラム】2018年中国マーケティングの10大キーワード~“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など

【記事コラム】2018年中国マーケティングの10大キーワード~“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など

2018年を振り返り、中国マーケティングの10大キーワードをご紹介。“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など、いま中国で注目を集めているマーケティングのトレンドや、プロモーション手法について総括します。
【KOL紹介】フォロワー数250万以上!メイク動画で人気を集めるコスメ専門プラットフォーム「美芽」

【KOL紹介】フォロワー数250万以上!メイク動画で人気を集めるコスメ専門プラットフォーム「美芽」

WeStockがショップ運営で独占契約するKOLの紹介。中国の人気KOL(インフルエンサー)「美芽」の人物像やプロモーション事例についてご紹介します。
【記事コラム】詐欺被害から小米(Xiaomi)のブランドアンバサダーに!?いま中国で注目を集める様々な「網紅(ワンホン)」たち

【記事コラム】詐欺被害から小米(Xiaomi)のブランドアンバサダーに!?いま中国で注目を集める様々な「網紅(ワンホン)」たち

今や中国のECマーケティングの中心を担うKOL。かつては無名だった彼女たちは一体どのような経緯で注目を集める「網紅」になったのでしょうか?また彼女たちが消費者に影響力を持つのはどうしてでしょうか?いま中国で注目を集める様々な分野の「網紅」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事の担当者

WeStock編集部 WeStock編集部