2019年2月15日 更新

【記事コラム】高学歴KOLや1,000万フォロワー獲得のドラマ「食堂夜話」等、中国「TikTok」を中心に巻き起こる最新トレンド紹介

“高学歴”を武器に人気を集める網紅(インフルエンサー、KOL)、わずか2ヶ月間で1,000万のフォロワー獲得したドラマ「食堂夜話」等、「TikTok」の中国本家アプリ「抖音(ドウイン)」を中心に巻き起こる最新トレンドをご紹介します。

高学歴網紅の李雪琴

高学歴網紅の李雪琴

高知网红、Vlog… 聊聊2019短视频行业的热趋势与冷观察
元記事はこちら↑

“高学歴”を武器に人気を集める網紅(インフルエンサー、KOL)

“網紅(読み方は「ワンホン」、インフルエンサー、KOLの意味)”のワードの持つ意味は、現在と十数年前とでは大きく異なってきている。

当初、様々な方法によりネット上で有名になった人のことを“網紅”と呼び、その後“網紅脸(顔)”と言えば美女を形容する言葉となった。現在の“網紅”が持つ意味は中性的で多元化されており、“映え”などビジュアルの美しさに頼る網紅以外に、“高学歴”であることも“網紅”のひとつの潮流となっている。
“網紅(読み方は「ワンホン」、インフルエンサー、KOLの意味)”のワードの持つ意味は、現在と十数年前とでは大きく異なってきている。

当初、様々な方法によりネット上で有名になった人のことを“網紅”と呼び、その後“網紅脸(顔)”と言えば美女を形容する言葉となった。現在の“網紅”が持つ意味は中性的で多元化されており、“映え”などビジュアルの美しさに頼る網紅以外に、“高学歴”であることも“網紅”のひとつの潮流となっている。

「李雪琴」は、中国のイケメン俳優・吴亦凡の“おっかけファン”として有名な“網紅”だ。ショート動画で彼女が話す東北訛りの独特の語り口が面白いと、俄かに人気を集めている。

彼女が注目されるきっかけとなったのは、2018年に清華大学の門前で撮影した1本のショート動画だった。「吴亦凡、ニーハオ。李雪琴です。いま私は清華大学に来ています。見て、校門の色が真っ白ですよ!」と投稿した動画に対し、吴亦凡本人がショート動画で返信するという思いもよらない出来事が起こり、多くの人が幸運に恵まれた李雪琴について知ることに。

北京大学卒後、ニューヨーク大学大学院への進学を果たした高学歴にも注目が集まった。さらに彼女を有名にしたのは男性誌『智族GQ』に掲載された記事で、「あなたは何を経験し、人々にどんな価値観を伝えられますか?」と問いかける発言が話題を呼んだ。
清華大学で博士課程を専攻する網紅の毕导

清華大学で博士課程を専攻する網紅の毕导

清華大学化学工程学部で博士課程を専攻する「毕导」も高学歴網紅の1人。1993年生まれで、日常生活の中にある科学知識や常識について解説する。

2017年春節、SNS上に投稿した「微信紅包は先にもらうか後でもらうかでこんなに差がある」の文章が10万回以上閲覧され、数千“いいね”を獲得して知名度が一気に上がった。

さらに昨年末、毕导が西安で兵馬俑をテーマにしたホテルを撮影した動画が「微博(Weibo)」に投稿されると、検索ワードランキングで上位に上り、「微博」や「TikTok」で累計100万余りのフォロワーを獲得した。
「微博(Weibo)」にアップされた毕导の動画

「微博(Weibo)」にアップされた毕导の動画

ケンブリッジ大学生の「delta_jm」は、ショート動画でキャンパスライフを紹介し、高校生フォロワーに向けてガウス積分を真剣に教える姿が人気を呼んだ。

他にも、多くの有名大学の学生がショート動画を使って実験を行ったり、自由にオンライン講座を開設したりしている。これら「学生網紅」のフォロワーは数万から数十万で、他ジャンルの網紅と比べてそれほど多いとは言えないが、ユーザー同士の交流頻度は高い。
ケンブリッジ大学の高学歴網紅のdelta_jm

ケンブリッジ大学の高学歴網紅のdelta_jm

新時代の“高学歴網紅”には文化的なバックグラウンドがあるため、問題提起に一定の深さや自己の気づきがあり、将来的にさらに大きく成長する潜在力を秘めている。そのため、MCN(マルチチャンネルネットワーク、インフルエンサー・KOLのマネジメント会社)からの人気を集めている。

“網紅”が爆発的に増えた今、新生網紅が登場するスピードも、消えていくスピードも驚くほど速い。ネットユーザーはより多くの情報をキャッチアップし、すぐに忘れてしまう。美女やイケメンに対する免疫力が増し、すぐに人気に火が付く反面、あっという間に飽きられていく。キャラクターの魅力や学習想像力、専門的な知識など、見た目だけに頼らない網紅が安定したフォロワーやファン層を増やし、息の長い活躍ができるだろう。

質の高さやオリジナリティが求められる動画系KOL

女優でチェロ奏者の欧阳娜娜。

女優でチェロ奏者の欧阳娜娜。

2018年は「微博(Weibo)」、「TikTok(抖音)」、「一闪(Yishan)」、「VUE」、「哔哩哔哩(bilibili、ビリビリ動画)」、「优网(YOO)」等のプラットフォームで、自分で撮影した動画でブログを更新するKOL(インフルエンサー)が多く誕生した。しかし多くの動画投稿者は断片的で取り留めもない日常を映したもので、テーマや創造性を欠いている。

動画投稿を軸にしたKOL達は、動画により魅力を強くアピールできる一方、個人の力量が試されるものでもある。自らのライフスタイルを晒し、自身或いは自身のセンスを使ってカメラの前で表現する必要があり、ユーザーからダイレクトに評価を受ける。つまり、動画系KOLとして人気を得るには、2次元の写真では誤魔化せない撮影技術や言語表現力などの才覚が必要なのだ。

「TikTok」で1000万以上のフォロワーを持つ旅行動画系KOLの「itsRae」は、プロレベルの高いクオリティーでアイスランド、ドバイ、茶馬古道などを紹介。彼女の流暢な文才や、テーマの選定は多くの人を魅了している。
旅行動画系KOLのitsRae

旅行動画系KOLのitsRae

ドラマも“縦型”動画の時代、TikTokで加速する進む動画コンテンツのスマホ最適化

1話1分、2話完結のショートドラマ『食堂夜話』

1話1分、2話完結のショートドラマ『食堂夜話』

「TikTok」に投稿され、2カ月間で1,000万フォロワーを増やした『食堂夜話』のヒットは業界で大きな話題を呼んだ。『食堂夜話』は中国でも人気の日本ドラマ『深夜食堂』を参考に制作されたドラマ仕立てのショートムービーで、1話の長さは1分程度で2話完結、同日中に配信されるようになっている。

また春節前後の数日間に「TikTok」で500万のフォロワーを集めたのは『名探偵小宇』だ。黒い帽子に眼鏡をかけた女の子が、鋭い観察力で危機的状況から脱出するストーリーで、若い女性の安全教育に適したコンテンツだと注目を集めた。実際の犯罪事件を元に、再現現場、回顧分析、“名探偵”の視点を加えた内容で、テーマに持続性があり、日常で発生する犯罪ニュースをベースに制作するためネタには事欠かない。

洋葱集団の聂阳德氏によると、「動画は“横型”から、“縦型”の時代になった。スマホの普及で、ユーザーが動画に接触する端末は、TVからPC、そしてPCからスマホへと移り変わり、現在は全てのエンタメコンテンツがスマホを介して手に入れることが出来る。縦型の動画領域には更に多くのプロフェッショナルが参入し、現在「TikTok」では数年前のテレビや動画サイトのようなコンテンツが数多く展開されている。

-----------元記事の紹介はここまで--------------


如何でしたでしょうか?

『WeStock』では、150名以上に及ぶ中国KOLの専用ショップを運営しています。商品販売のみならず、KOL(インフルエンサー)の投稿も促し、日本の化粧品・日用品メーカーの中国マーケティングを全面的に支援しています。

お問い合わせは、下記よりお願いします。 お問い合わせページのフォームから送れない場合には、westock@bolome.co.jp までメールをお送りください。
送信

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

ブログのような日記を文章ではなく動画で撮って投稿する「動画ブログ(Vlog)」、人気KOLが動画ブログで紹介した商品が話題になるなど、大手企業による「動画ブログ」のマーケティング活用が始まっている。新たなマーケティング手法として注目を集める中国の「動画ブログ(Vlog)」事情をご紹介します。
【KOL紹介】フォロワー数165万人以上!真似したくなるメイク動画とファッションが人気の「杏仁眼Miu」

【KOL紹介】フォロワー数165万人以上!真似したくなるメイク動画とファッションが人気の「杏仁眼Miu」

WeStockがショップ運営で独占契約するKOLの紹介。中国の人気KOL(インフルエンサー)「杏仁眼Miu」の人物像やプロモーション事例についてご紹介します。
【メディアトリップ】現在最も注目されているKOL『大佬甜er』の来日訪問取材を敢行!

【メディアトリップ】現在最も注目されているKOL『大佬甜er』の来日訪問取材を敢行!

bolomeが提供する『WeStock』の契約パートナーであるKOLが来日し、日本のメーカー様を訪問取材するメディアトリップの模様を紹介します。今回来日したのは人気急上昇中の美容系KOL『大佬甜er』、今をときめくトップKOLの来日訪問取材に密着しました!
【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

ロレアル中国は、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用しメガヒット商品を生み出しており、またビッグデータ分析の活用で2018年のW11期間、ロレアル中国のROIは昨年と比べ50%も上昇したと言います。中国のデジタルマーケティングで先進的な取り組みを行っている同社の事例をご紹介します。
【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)が運営する「Tik Tok(抖音、ドウイン)」のアカウントは50個以上、フォロワー総数2000万人超、それぞれのアカウントの月収入は10万元を超え、ショート動画の時流に乗り中国MCNメディアとして成功を収めた企業の1社です。以前は画像コンテンツ制作・配信で毎月数十万元の収益を上げ、順調な会社経営だったにも関わらず、同社はなぜ、ためらうことなくショート動画市場へ全面転戦したのでしょうか。その背景には、どのような経験や教訓があるのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事の担当者

WeStock編集部 WeStock編集部