2019年7月3日 更新

【セミナー開催】中国ビジネスのプロフェッショナルが語る越境ECビジネス最前線 / 日時:3月19日(火)14:00~18:00

中国大手検索エンジンをもつ百度、越境ショッピングカートを開発しているスターフィールド、大手日系企業のEC・SNS支援を行うunbot(アンボット)と4社共同で、現状の対中国向けのマーケティング施策など、質疑応答形式でお答えさせて頂く中国の「イマ」が分かる勉強会を行います。

 (2955)

この度、3月19日(火)に「中国越境EC」についてのセミナーを開催いたします。

2019年1月より中国電子商務法(中国EC法)の改定版が施行され、中国向けの越境ECに関する取り組みの難しさは増してきています。

中国大手検索エンジンをもつ百度、越境ショッピングカートを開発しているスターフィールド、大手日系企業のEC・SNS支援を行うunbot(アンボット)と4社共同で、現状の対中国向けのマーケティング施策など、質疑応答形式でお答えさせて頂く中国の「イマ」が分かる勉強会を行います。

当社からは、商品部マネージャーの渕脇が登壇し、『WeStock』で展開しております150店舗以上のKOL専用のネットショップを使ったプロモーションの仕組み、また実際のマーケティング事例についてご紹介させて頂きます。

ぜひ、参加のご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。
セミナーの【お申し込み】は こちら からよろしくお願いします。

プログラム

14:00  受付開始

【第1部】
14:30  Baidu Japan Inc.(バイドゥ株式会社) / 國井雅史 氏
『アンケート調査で見る「中国越境EC概況」と百度リスティング広告の活用事例』

15:00  スターフィールド株式会社 / 橋本宏基 氏
『実はすごい!独ドメ越境EC最前線』

15:30  (休憩)

15:40  株式会社unbot / 榎佳祐 氏
『中国国内マーケットから紐解く越境ECの今』

16:10  株式会社bolome / 渕脇海威
『KOLを活用した認知拡大と販売を同時実現するプロモーションについて』

16:40  (休憩)

【第2部】
16:50  座談会&QA

17:30  アンケート記入、名刺交換

18:00  終了

講師プロフィール

 (2950)

Baidu Japan Inc.(バイドゥ株式会社)
国際事業部 マネージャー

國井 雅史 氏

北京大学(社会学部)卒業。2009年にSBIサーチナ株式会社に入社。株式会社マクロミルを経て、2014年にBaidu Japan Inc.(バイドゥ株式会社) に入社。現在、国際事業部にて中国ビジネスコンサルタントとして、中国Webマーケティングを活用した日系企業の中国進出支援、インバウンドビジネス支援などの業務に従事。
 (2951)

スターフィールド株式会社 セールスチーム

橋本 宏基

1984年香川県出身。早稲田大学第一文学部で西洋哲学を専攻。大学卒業後はリヤカーでの豆腐を売ったり、友人と八百屋を経営したりしていた。現在はスターフィールド株式会社で、越境ECに特化したカートシステムLaunchCartのセールスチームに所属。中華圏とASEANへの独ドメ越境EC案件に携わっている。
 (2954)

株式会社unbot sales

榎 佳祐 氏

リクルートで人材コンサルタントとして3年間従事その後DeNAに入社しbidders(現Wowma)において300社以上の出店コンサルタント、中小から大手の出店店舗500店舗の広告の設計やブランディングコンサルを担う。その後ショッピングカートのテモナのマーケティングに従事し2017年11月より株式会社unbotの日本法人の責任者を務める。
 (2953)

株式会社bolome 商品部マネージャー

渕脇 海威

上海市出身の中国人だが日中双方に居住経験があるうえにプライベートでも日本人の妻を持つことから日中ハイブリッドな人間性をもつ。

光通信にて店舗開発、キングソフトでの法人営業を経て、bolomeに入社。年間100社を超えるメーカーの中国EC進出などをサポートしている。

セミナー概要

■日程
2019年3月19日(火)14:00(開場 13:30)

■会場
Baidu Japan Inc.(バイドゥ株式会社)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー39F

■入館方法
森タワー 1階オフィス受付〈総合受付〉にてお名刺2枚の提示とバイドゥ株式会社への訪問とお申し付けください。その後、1階総合受付右にて入館証を警備員にご提示いただき、ゲートをご通過ください。ゲート通過後、エレベーターで39階までお越しください。

■アクセス
日比谷線「六本木駅」下車1C出口徒歩0分
大江戸線「六本木駅」下車3出口徒歩4分
千代田線「乃木坂駅」下車5出口徒歩10分

■定員
40 名

■料金
無料

■主催
Baidu Japan Inc.(バイドゥ株式会社)
スターフィールド株式会社
株式会社unbot
株式会社bolome

■対象
すべての企業様(1社2名まで)
備考※個人事業主の方、同業他社の方はお断りさせていただいております。予めご了承ください。
セミナーの【お申し込み】は こちら からよろしくお願いします。

-----------セミナーの紹介はここまで--------------


如何でしたでしょうか?

WeStock は、広告費不要で2億人にリーチできる中国KOLのECショップネットワークです。

※下記は【WeStock】の紹介ページへのリンクです。詳細は下記からご確認ください。
https://www.westock.jp/

化粧品・日用品・健康食品のメーカー様を中心に3,000ブランド以上の販売実績があり、200名以上の著名KOLのネットショップ内に商品の売り場を確保し、中国向け越境ECのマーケティングを全面的に支援しています。

ご質問やご相談、お問い合わせ等ございましたら、以下に必要事項をご入力のうえ、「送信」ボタンを押してください。 「WeStock」の紹介資料も、送信後に自動メールにてご送付させて頂いています。
お問い合わせ・資料請求はコチラから
入力内容を送信

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【プレスリリース】中国越境ECパイオニアのbolome、 動画共有アプリ「抖音(TikTok)」のKOLと連携しマーケティング・プロモーション支援を開始

【プレスリリース】中国越境ECパイオニアのbolome、 動画共有アプリ「抖音(TikTok)」のKOLと連携しマーケティング・プロモーション支援を開始

株式会社bolomeは、中国最大級のインフルエンサー(KOL)越境ECショップの一元管理プラットフォーム「WeStock」を提供しており、150名以上のKOLのネットショップを使い越境ECのマーケティング支援サービスを提供しておりますが、この度、「TikTok」の中国本家アプリ「抖音(ドウイン)」のKOLと連携した日本商品の中国向け越境EC販売、及びプロモーション支援を開始いたしました。
【各種データ・資料】百度(バイドゥ)「中国人の越境EC利用実態」レポート発表

【各種データ・資料】百度(バイドゥ)「中国人の越境EC利用実態」レポート発表

中国人2,000人対象、【越境ECサイトの利用実態調査】 中国人の越境EC購入、日本商品が最多、海外旅行がきっかけで越境ECサイト利用18.5%…百度(バイドゥ)が中国国内における越境ECサイトの利用実態に関する調査結果を発表しました。
【大阪セミナー開催】 中華圏向けマーケティング・販路開拓の最前線!インバウンド、越境EC最新状況とプロモーション事例から学ぶ中華圏ビジネス攻略セミナー

【大阪セミナー開催】 中華圏向けマーケティング・販路開拓の最前線!インバウンド、越境EC最新状況とプロモーション事例から学ぶ中華圏ビジネス攻略セミナー

東京で大好評だった中華圏インバウンド・越境ECセミナーがついに大阪で開催!インバウンドや越境EC最新状況、事例を交えたプロモーション施策まで、中華圏向けマーケティング・販路開拓で成果を出すための攻略法を一気通貫でご紹介します。
【プレスリリース】KOLのECショップ数が200店舗を突破!広告費不要で2億人にリーチできる中国最大級のKOL ECショップネットワーク「WeStock」

【プレスリリース】KOLのECショップ数が200店舗を突破!広告費不要で2億人にリーチできる中国最大級のKOL ECショップネットワーク「WeStock」

株式会社bolomeは、中国最大級のKOL ECショップネットワーク「WeStock」を提供しており、KOLのECショップを使い中国向け越境ECのマーケティング支援サービスを提供しておりますが、この度「WeStock」がネットワークするKOLのECショップ数が200店舗を突破いたしました。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事の担当者

WeStock編集部 WeStock編集部