【記事コラム】カリスマ退任後のアリババ帝国はいかに?未来を託された¨38人の精鋭¨の中から超重要キーマンの6名を紹介

【記事コラム】カリスマ退任後のアリババ帝国はいかに?未来を託された¨38人の精鋭¨の中から超重要キーマンの6名を紹介

9月10日の“老師節(先生の日)”、アリババ(阿里巴巴)のジャック・マー氏は55歳の誕生日を迎え、同時に20周年を迎えたアリババの董事局主席を退きました。ジャック・マー引退後、アリババグループは張勇氏を筆頭に、各グループ企業のトップを任された38人のアソシエイトによって受け継がれことになりますが、カリスマ退任後のアリババ帝国の未来に大きな関心が集まっています。
【記事コラム】マーケティング考察 | 中国の国産コスメブランドは独自のマーケティングで人気沸騰中!中国産コスメの秘密に迫る

【記事コラム】マーケティング考察 | 中国の国産コスメブランドは独自のマーケティングで人気沸騰中!中国産コスメの秘密に迫る

今まさに急成長を遂げている中国の国産コスメブランド。大企業を背景に持たず、新しいチャネルを利用して新しいユーザーを発掘し、目覚ましい業績をあげている中国国産コスメの新興ブランドたち。今回は、小紅書や完美日記、口紅の自動販売機まで、中国の国産コスメブランドが行う独自のマーケティング手法をご紹介します。
【セミナー開催】W11対策はこれで決まり!越境EC最新状況とプロモーション事例から探る2019年中国「独身の日」攻略セミナー

【セミナー開催】W11対策はこれで決まり!越境EC最新状況とプロモーション事例から探る2019年中国「独身の日」攻略セミナー

中国越境ECの最新状況や「W11」に向けた戦略策定から事例を交えたプロモーション施策、販売実績の実現まで、W11で成果を出すための攻略法を一気通貫でご紹介します。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

淘宝におけるKOLコマースのパイオニア「如涵(RuHnn)」の始まりは、最初に立ち上げたブランド「莉贝琳(liblin)」。同ショップを展開する中でスーパーKOL“張大奕”を発掘し、KOLを活用したECのビジネスモデルを確立しました。中国の“KOL”ビジネスは後半戦へ突入し、如涵の上場に合わせて「KOL」+「Eコマース」のビジネスモデルが注目を集めています。
【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

「小紅書」と「ビリビリ動画」をマーケティングの主戦場として、この2年間で急速に人気を集めている中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、「淘宝」&「天猫」のコスメ部門月間売上ランキングでは、海外トップブランドを押さえて、堂々の第7位にランクインしました。いま中国で最も注目を集める同ブランドのマーケティング戦略についてご紹介します。
【記事コラム】農村の青年が1日売上10万元(約160万円) “野生のKOL(インフルエンサー)”が貧困救済、村の希望の星に!?

【記事コラム】農村の青年が1日売上10万元(約160万円) “野生のKOL(インフルエンサー)”が貧困救済、村の希望の星に!?

中国の若者を中心に人気のショート動画を編集、共有するアプリ「快手(Kuaishou)」で注目を集めている農村に住む2人の青年がいます。彼らは「野生のKOL(インフルエンサー)」と呼ばれ、スマホによって自身や村の運命を大きく変えました。スマホ時代のテクノロジーの恩恵に授かり、彼らのような農村の若者たちにも声を上げる平等なチャンスが訪れたのです。
【記事コラム】テンセントが大株主の動画共有サイト「ビリビリ(bilibili)」がアリババと資本提携

【記事コラム】テンセントが大株主の動画共有サイト「ビリビリ(bilibili)」がアリババと資本提携

ソーシャルメディア、ネット通販、スマホ決済など様々な領域で凌ぎを削る中国の2大企業「テンセント(騰訊)」と「アリババ(阿里巴巴)」が、動画共有サイト「ビリビリ(bilibili、中国名:哔哩哔哩)」への出資で手を組んだことが話題を呼んでいます。両社を魅了する「ビリビリ」の魅力と、テンセント・アリババ両社の思惑についてご紹介します。
【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

ロレアル中国は、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用しメガヒット商品を生み出しており、またビッグデータ分析の活用で2018年のW11期間、ロレアル中国のROIは昨年と比べ50%も上昇したと言います。中国のデジタルマーケティングで先進的な取り組みを行っている同社の事例をご紹介します。
【記事コラム】中国景気減速で“リップスティック効果”が見られる中、越境ECでも海外コスメは好調に売上拡大中

【記事コラム】中国景気減速で“リップスティック効果”が見られる中、越境ECでも海外コスメは好調に売上拡大中

中国経済の成長スピードが減速し、消費ニーズが比較的安価な日用品に集まる“リップスティック効果”が現れています。「リップスティック効果」とは、経済が厳しい時代になると女性は「安価な贅沢品」、とくに口紅に代表される化粧品を好んで消費する、という説のことです。多くの業界が景気減速の影響を受ける中、コスメ業界は変わらず好調な売上拡大を続けており、中でも海外ブランドのハイエンド商品に人気が集まっています。
【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

2大巨頭の“アリババ”と“京東”、台頭する“拼多多”、独自戦略で生き残る“小紅書”、“雲集”、“網易”。アル・ライズのポジショニング理論によると、市場参入戦略は“攻撃戦”、“防御戦”、“フランキング戦”、“ゲリラ戦”の4つに分類されます。年々と競争が激化する中国EC業界、各プラットフォームのポジショニング戦略からその特徴を分析します。
【記事コラム】“WeChatミニプログラム” EC関連の2018年8大トピックから紐解く2019年の業界動向

【記事コラム】“WeChatミニプログラム” EC関連の2018年8大トピックから紐解く2019年の業界動向

ダウンロード&インスール不要でWeChat(微信)上で動くアプリケーションの「ミニプログラム(小程序)」、ECの販売チャネルとしても大きな注目が集まっています。2018年の最も代表的な8大トピックと中国EC業界への影響についてご紹介します。
【記事コラム】Eコマースでマネタイズを加速する中国のショート動画コミュニティ「快手(Kuaishou)」

【記事コラム】Eコマースでマネタイズを加速する中国のショート動画コミュニティ「快手(Kuaishou)」

世界最大のスマホユーザーを抱える中国では、快手(Kuaishou)やTiktokを利用した「KOLコマース」が大きな注目を集めています。中国でトレンドとなっているこの「ショート動画コミュニティ」を利用した新しいネットショッピングですが、快手のEコマースへの取り組みをご紹介します。
【記事コラム】流通総額はまもなく1兆6000億円超え、アリババグループの中国最大手フリマアプリ「闲鱼」

【記事コラム】流通総額はまもなく1兆6000億円超え、アリババグループの中国最大手フリマアプリ「闲鱼」

中国版メルカリとも言われる『闲鱼』は、アリババが運営する今中国で最も人気のフリマアプリです。元々は不要なものを個人間で売買することから始まったアプリですが、今では中古品の売買だけでなく、賃貸物件やレンタカーなどの個人間取引も行われ、シェアリングエコノミーのプラットフォームに変貌しようとしています。
【記事コラム】紹介した商品がたった2時間で43億円の売上⁈KOL薇娅のダブルイレブンに密着

【記事コラム】紹介した商品がたった2時間で43億円の売上⁈KOL薇娅のダブルイレブンに密着

今ネット上でライブを放送し、商品を紹介する人たちがいます。そのなかでも今注目を集めているのが広州在住の薇娅。彼女が紹介した商品は瞬く間に売り上げが数億円を超えると言います。今年の彼女のダブルイレブンの様子に密着しました。
23 件