【記事コラム】微信(Wechat)の新機能『好物圏』、ソーシャル機能を活かした友人レコメンドで消費を促す“買い物版 モーメンツ”となるか?!

【記事コラム】微信(Wechat)の新機能『好物圏』、ソーシャル機能を活かした友人レコメンドで消費を促す“買い物版 モーメンツ”となるか?!

微信(Wechat)の“ミニプログラム(小程序)”でこれまで検索欄下方に表示されていた『購物単(お買い物リスト)』が『好物圈』へと変わり、ユーザーインターフェースが大幅に変更されました。商品のレコメンド機能が強化された『好物圈』は、ショッピングに特化した“モーメンツ(微信版のタイムライン)”のような役割を果たすのかに注目が集まっています。前身の『購物単』から新しくなった『好物圈』へ、進化の変遷と共にご紹介します。
【記事コラム】中国D2Cブランド成功事例~電子タバコ「YOOZ」、ソーシャルメディアの口コミで1日に500万元(約8,000万円)の売上げ達成

【記事コラム】中国D2Cブランド成功事例~電子タバコ「YOOZ」、ソーシャルメディアの口コミで1日に500万元(約8,000万円)の売上げ達成

春節の定番ギフトである煙草の代替品として、“電子タバコ”を贈るのが中国でブームになりつつあります。多くの異業種ニューカマーが参入して話題を集める中国の“電子タバコ”市場で、1日で500万元(約8,000万円)を売り上げた「YOOZ」のマーケティング事例をご紹介します。
【記事コラム】遂に施行された改訂版「電商法」、困るのは「代購」を生業とするソーシャルバイヤーだけじゃない?

【記事コラム】遂に施行された改訂版「電商法」、困るのは「代購」を生業とするソーシャルバイヤーだけじゃない?

2019年1月1日から「電商法」改訂版が施行されました。WeChatを使って顧客から注文を受け、海外の商品を代理購入し販売するという「代購」がブームになり、納めるべき税金を納めない「ソーシャルバイヤー」が社会問題になっていました。それにメスを入れるかたちで施行された改訂版「電商法」、今後どのように取り締まっていくのか?またどのような影響があるのでしょうか?
【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

“代購”や“微商”などによるソーシャルバイヤーの市場規模は11兆円もあると言われています。2019年1月1日に施行された改訂版「電商法」、その影響はすでに予想を超えて現れており、ソーシャルバイヤーとその顧客たちに大きな波紋を投げかけています。
4 件