【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

インターネット業界の成長が鈍化していると言われる中、ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」と「快手(Kuaishou)」だけは好調に成長を続け、ネット界の“怪事件”だと言われています。今からでも間に合う、「快手」の攻略法をご紹介します。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【記事コラム】中国トップインフルエンサー・男性美容家KOLの“李佳琦(Austin)”、通称 『口紅王子』の人気の秘訣とは?

【記事コラム】中国トップインフルエンサー・男性美容家KOLの“李佳琦(Austin)”、通称 『口紅王子』の人気の秘訣とは?

「淘宝直播(タオバオライブ)」で人気TOP10に入る“ライバー”である男性美容家の“李佳琦(Austin)”は、1回の淘宝ライブ配信で2,000万元(3億2,000万円)を売り上げる今注目のKOL(インフルエンサー)ライバーです。元々はロレアルの美容部員だった李佳琦が、中国のトップインフルエンサーとして成功を収めた秘訣をご紹介します。
【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

淘宝(タオバオ)のライブ配信ツール「淘宝直播(タオバオライブ)」のアプリ版が登場しました。これまでは、淘宝の中の一つの機能として提供されていた「淘宝直播」ですが、ライブコマースの独立したプラットフォームとして生まれ変わり、淘宝や天猫(Tmall)の出店者や「ライバー(ライブ配信者)」から注目を集めています。
【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

ロレアル中国は、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用しメガヒット商品を生み出しており、またビッグデータ分析の活用で2018年のW11期間、ロレアル中国のROIは昨年と比べ50%も上昇したと言います。中国のデジタルマーケティングで先進的な取り組みを行っている同社の事例をご紹介します。
【記事コラム】総勢81名ものKOLが1億元(約16億円)超えの売上達成、「淘宝ライブ」は5,000億元(約8兆円)規模の流通総額を目指す

【記事コラム】総勢81名ものKOLが1億元(約16億円)超えの売上達成、「淘宝ライブ」は5,000億元(約8兆円)規模の流通総額を目指す

淘宝のライブコマース機能を活用した「ライブ販売サービス」、2018年は1,000億元(約1兆6,000億円)の流通総額をもたらし、総勢81名ものKOLが1億元(約16億円)以上もの売上を生みだしたと言われています。また、将来3年以内で5,000億元(約8兆円)規模の流通総額の目標を掲げる「淘宝ライブ」の最新動向についてご紹介します。
【記事コラム】半年で65万回行われる淘宝のライブ配信、裏で支える撮影スタジオの現状

【記事コラム】半年で65万回行われる淘宝のライブ配信、裏で支える撮影スタジオの現状

先日のダブルイレブンでも過去最高の売上額を達成し勢いに乗る淘宝。そしてそのマーケティング手段として欠かせないのが「ライブ配信」です。2017年上半期、淘宝で行われたライブ配信は全体でなんと65万回。そんなライブ配信を撮影するスタジオの現状はどうなっているのでしょうか。
7 件