【記事コラム】ソーシャルコマース新時代へ向けてタッグを組んだ「微信(WeChat)」と「ジンドン(京東)」、かつてのダークホース「ピンドウドウ(拼多多)」はいかに?

【記事コラム】ソーシャルコマース新時代へ向けてタッグを組んだ「微信(WeChat)」と「ジンドン(京東)」、かつてのダークホース「ピンドウドウ(拼多多)」はいかに?

微信(WeChat)、ジンドン(京東)、淘宝(タオバオ)がそれぞれソーシャルコマース商品をリリース、また、微信(WeChat)とジンドン(京東)がタッグを組むなど、ソーシャルコマースは新時代へと突入しました。大手SNSはEコマースへ、大手ECはソーシャルネットワークへと向かう動向の中、かつてはソーシャルコマースの代表と言われた新興EC「ピンドウドウ(拼多多)」は遅れをとっているようです。ソーシャルコマースの新時代とは何か、新時代の波に乗れない原因は何かを分析してみました。
1 件