越境ECとは?インバウンドより凄い「越境EC」の基礎知識

越境ECとは?インバウンドより凄い「越境EC」の基礎知識

近年、海外ビジネスにおいてよく耳にするようになったキーワード「越境EC」。そもそも「越境EC」とはなんなのか?ECサイト運営者の中にも、成長する中国の巨大市場を狙った「越境EC」を考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、注目の「越境EC」についてわかりやすく解説します。
【記事コラム】アマゾンが中国EC事業から撤退、失敗要因はどこにあったのか?

【記事コラム】アマゾンが中国EC事業から撤退、失敗要因はどこにあったのか?

4月18日にアマゾンが中国国内向けネット通販事業から撤退すると発表しました。中国EC業界の変化に対応できず、「アリババ」や「京東(JD)」に追い上げられる形で成長市場を後にするアマゾン中国。1994年の中国市場参入から、現在に至るまでのアマゾンの歴史を辿ります。
【記事コラム】若者に大人気の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、そのコミュニティへ潜入し成功の秘密を探る

【記事コラム】若者に大人気の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、そのコミュニティへ潜入し成功の秘密を探る

人気爆発中の中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」。「完美日記(Perfect Diary)」と言えば、ビリビリ動画と小紅書(RED)でのマーケティングの成功を連想する方が多いかと思われますが、果たして、本当にそれだけなのでしょうか?ある美容メディアのCerys記者が、一消費者として2か月間、同ブランドの微信コミュニティに潜入しました。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【記事コラム】市場規模5000億元(8兆円)以上の中国のF3層マーケットもネット通販が主戦場、急速に成長する“新老年”市場の現状は?

【記事コラム】市場規模5000億元(8兆円)以上の中国のF3層マーケットもネット通販が主戦場、急速に成長する“新老年”市場の現状は?

精神的にも物資的にも消費意欲を開放し始めた“新老年(高齢者世代)”市場が大きな盛り上がりを見せ始めています。潜在規模は5000億元(8兆円)を超えると言われる注目の中高年アパレル市場について、市場調査会社Age ClubがまとめたF3層(50歳以上の女性)の動向をご紹介します。
【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

【記事コラム】ブランド立ち上げわずか2年の中国コスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、淘宝と天猫の月間売上ランキングで資生堂を上回る第7位を獲得

「小紅書」と「ビリビリ動画」をマーケティングの主戦場として、この2年間で急速に人気を集めている中国国産のコスメブランド「完美日記(Perfect Diary)」、「淘宝」&「天猫」のコスメ部門月間売上ランキングでは、海外トップブランドを押さえて、堂々の第7位にランクインしました。いま中国で最も注目を集める同ブランドのマーケティング戦略についてご紹介します。
【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

淘宝(タオバオ)のライブ配信ツール「淘宝直播(タオバオライブ)」のアプリ版が登場しました。これまでは、淘宝の中の一つの機能として提供されていた「淘宝直播」ですが、ライブコマースの独立したプラットフォームとして生まれ変わり、淘宝や天猫(Tmall)の出店者や「ライバー(ライブ配信者)」から注目を集めています。
【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

【記事コラム】W11のROIが前年比50%増、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用するロレアル中国のマーケティング戦略

ロレアル中国は、“ソーシャルメディア”と“KOL”を積極活用しメガヒット商品を生み出しており、またビッグデータ分析の活用で2018年のW11期間、ロレアル中国のROIは昨年と比べ50%も上昇したと言います。中国のデジタルマーケティングで先進的な取り組みを行っている同社の事例をご紹介します。
【記事コラム】三・四級都市が一級都市超え?2019年春節の中国人の新たな消費動向。

【記事コラム】三・四級都市が一級都市超え?2019年春節の中国人の新たな消費動向。

中国の通信社である新華社の経済誌<经济参考报>に2019年度春節の消費動向を分析した文章が掲載されています。毎年春節の期間に日本への旅行客が増えることや、かつては”爆買い”などもニュースになっていましたが、今年の春節の消費動向は例年と比べどのように変化しているのでしょうか?
【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

2大巨頭の“アリババ”と“京東”、台頭する“拼多多”、独自戦略で生き残る“小紅書”、“雲集”、“網易”。アル・ライズのポジショニング理論によると、市場参入戦略は“攻撃戦”、“防御戦”、“フランキング戦”、“ゲリラ戦”の4つに分類されます。年々と競争が激化する中国EC業界、各プラットフォームのポジショニング戦略からその特徴を分析します。
【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

“代購”や“微商”などによるソーシャルバイヤーの市場規模は11兆円もあると言われています。2019年1月1日に施行された改訂版「電商法」、その影響はすでに予想を超えて現れており、ソーシャルバイヤーとその顧客たちに大きな波紋を投げかけています。
【記事コラム】TiKTokの「ダブル12」、1億元(約16億円)以上の売上をあげるKOLが続出

【記事コラム】TiKTokの「ダブル12」、1億元(約16億円)以上の売上をあげるKOLが続出

2018年は「TikTok」や「快手」などショートムービーアプリが大流行した一年、ショートムービーを利用した「KOLコマース」も大きな注目を集めています。TikTokは、淘宝や天猫などとの連携機能をダブル12の前日に正式リリース、その実績などをご紹介します。
【記事コラム】淘宝と「小紅書(RED)」商品レビュー掲載で提携、18年11月25日~12月1日の越境EC重要ニュース

【記事コラム】淘宝と「小紅書(RED)」商品レビュー掲載で提携、18年11月25日~12月1日の越境EC重要ニュース

中国のEC業界に関する最新のニュースを配信する亿邦动力网(ebrun.com)がまとめた11月25日~12月1日の越境EC重要ニュースをご紹介します。
【記事コラム】中国ネット通販の市場規模は102兆円、その数字の背後にいるKOLたち、彼女たちの影響力に迫る

【記事コラム】中国ネット通販の市場規模は102兆円、その数字の背後にいるKOLたち、彼女たちの影響力に迫る

今中国のECでは若者たちの利用が増えています。若者たちに多大な影響を与えているのがKOL。彼女たちはソーシャルメディアで商品を紹介し実際に使った口コミを投稿します。その口コミをみて商品を買う若者ユーザーが続出。今70%以上のユーザーがKOLオススメの商品を買いたいと言っています。
【記事コラム】2018年のダブルイレブン、流通総額が過去最高の約3兆5千億円を記録

【記事コラム】2018年のダブルイレブン、流通総額が過去最高の約3兆5千億円を記録

2018年の双11も終了。毎年売り上げ絶好調の大セール、今年は全体でも過去最高の流通総額を記録しました。今年は例年と違い実店舗でのセールも実施。その結果をご紹介いたします。
19 件