【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)が運営する「Tik Tok(抖音、ドウイン)」のアカウントは50個以上、フォロワー総数2000万人超、それぞれのアカウントの月収入は10万元を超え、ショート動画の時流に乗り中国MCNメディアとして成功を収めた企業の1社です。以前は画像コンテンツ制作・配信で毎月数十万元の収益を上げ、順調な会社経営だったにも関わらず、同社はなぜ、ためらうことなくショート動画市場へ全面転戦したのでしょうか。その背景には、どのような経験や教訓があるのでしょうか?
【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

毎年春節の時期になると注目を集める“紅包”マーケティングは、名実ともに中国の新しい文化となっています。スマホ決済の定着により「微信支付(WeChat Pay)」と「支付宝(アリペイ)による合戦は一段落、2019年は「抖音(TikTok)」等による新しい紅包マーケティングの出現で再び過熱化しています。これまでの紅包合戦と今年注目を集めた紅包マーケティングをご紹介します。
2 件