【記事コラム】KOL向け淘宝のアフィリエイトプログラムに新政策、6%の“特別サービス費”は誰のもの?

【記事コラム】KOL向け淘宝のアフィリエイトプログラムに新政策、6%の“特別サービス費”は誰のもの?

ショート動画等で人気のプラットフォーム「抖音(TikTok)」や「快手(Kuaishou)」等で商品販売するKOL達が利用する“淘宝客(KOL向けの淘宝のアフィリエイトプログラム)”に新ルールが適用され、KOLの収入に影響を及ぼそうとしています。プラットフォームとKOLを巻き込んだ“淘宝客”の新たな政策をご紹介します。
【記事コラム】高齢者KOL(インフルエンサー)“老年網紅“、中国の抖音(TikTok)と快手(Kuaishou)で大人気!?

【記事コラム】高齢者KOL(インフルエンサー)“老年網紅“、中国の抖音(TikTok)と快手(Kuaishou)で大人気!?

ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」や「快手(Kuaishou)」で、高齢者KOL(インフルエンサー)の“老年網紅”が登場しています。“老人”に対する既成概念を変える新たな潮流と、シニア市場のポテンシャルについてご紹介します。
【記事コラム】『快手電商営销価値報告』発表。「快手(Kuaishou)」ユーザーの84%がレコメンド商品を受容

【記事コラム】『快手電商営销価値報告』発表。「快手(Kuaishou)」ユーザーの84%がレコメンド商品を受容

近日、秒針系統が『快手平台电商营销价值研究(快手電商マーケティング価値研究)』を発表し、「快手(Kuaishou)」に代表されるショート動画プラットフォームにおいて、どのようなECマーケティングを展開すべきかについて報告しました。ブランドや広告主にとって、「快手」参入の必読指南書となる報告結果をご紹介します。
【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

インターネット業界の成長が鈍化していると言われる中、ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」と「快手(Kuaishou)」だけは好調に成長を続け、ネット界の“怪事件”だと言われています。今からでも間に合う、「快手」の攻略法をご紹介します。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)が運営する「Tik Tok(抖音、ドウイン)」のアカウントは50個以上、フォロワー総数2000万人超、それぞれのアカウントの月収入は10万元を超え、ショート動画の時流に乗り中国MCNメディアとして成功を収めた企業の1社です。以前は画像コンテンツ制作・配信で毎月数十万元の収益を上げ、順調な会社経営だったにも関わらず、同社はなぜ、ためらうことなくショート動画市場へ全面転戦したのでしょうか。その背景には、どのような経験や教訓があるのでしょうか?
【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

淘宝におけるKOLコマースのパイオニア「如涵(RuHnn)」の始まりは、最初に立ち上げたブランド「莉贝琳(liblin)」。同ショップを展開する中でスーパーKOL“張大奕”を発掘し、KOLを活用したECのビジネスモデルを確立しました。中国の“KOL”ビジネスは後半戦へ突入し、如涵の上場に合わせて「KOL」+「Eコマース」のビジネスモデルが注目を集めています。
【記事コラム】農村の青年が1日売上10万元(約160万円) “野生のKOL(インフルエンサー)”が貧困救済、村の希望の星に!?

【記事コラム】農村の青年が1日売上10万元(約160万円) “野生のKOL(インフルエンサー)”が貧困救済、村の希望の星に!?

中国の若者を中心に人気のショート動画を編集、共有するアプリ「快手(Kuaishou)」で注目を集めている農村に住む2人の青年がいます。彼らは「野生のKOL(インフルエンサー)」と呼ばれ、スマホによって自身や村の運命を大きく変えました。スマホ時代のテクノロジーの恩恵に授かり、彼らのような農村の若者たちにも声を上げる平等なチャンスが訪れたのです。
【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

ブログのような日記を文章ではなく動画で撮って投稿する「動画ブログ(Vlog)」、人気KOLが動画ブログで紹介した商品が話題になるなど、大手企業による「動画ブログ」のマーケティング活用が始まっている。新たなマーケティング手法として注目を集める中国の「動画ブログ(Vlog)」事情をご紹介します。
【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

毎年春節の時期になると注目を集める“紅包”マーケティングは、名実ともに中国の新しい文化となっています。スマホ決済の定着により「微信支付(WeChat Pay)」と「支付宝(アリペイ)による合戦は一段落、2019年は「抖音(TikTok)」等による新しい紅包マーケティングの出現で再び過熱化しています。これまでの紅包合戦と今年注目を集めた紅包マーケティングをご紹介します。
【記事コラム】TiKTokの「ダブル12」、1億元(約16億円)以上の売上をあげるKOLが続出

【記事コラム】TiKTokの「ダブル12」、1億元(約16億円)以上の売上をあげるKOLが続出

2018年は「TikTok」や「快手」などショートムービーアプリが大流行した一年、ショートムービーを利用した「KOLコマース」も大きな注目を集めています。TikTokは、淘宝や天猫などとの連携機能をダブル12の前日に正式リリース、その実績などをご紹介します。
【記事コラム】Eコマースでマネタイズを加速する中国のショート動画コミュニティ「快手(Kuaishou)」

【記事コラム】Eコマースでマネタイズを加速する中国のショート動画コミュニティ「快手(Kuaishou)」

世界最大のスマホユーザーを抱える中国では、快手(Kuaishou)やTiktokを利用した「KOLコマース」が大きな注目を集めています。中国でトレンドとなっているこの「ショート動画コミュニティ」を利用した新しいネットショッピングですが、快手のEコマースへの取り組みをご紹介します。
【記事コラム】2018年中国マーケティングの10大キーワード~“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など

【記事コラム】2018年中国マーケティングの10大キーワード~“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など

2018年を振り返り、中国マーケティングの10大キーワードをご紹介。“土味”,“国潮”,“缅怀”,“裂変”,“奶頭楽”, 等など、いま中国で注目を集めているマーケティングのトレンドや、プロモーション手法について総括します。
【記事コラム】中国KOLの市場規模は約1兆7千億円!主な収益源は広告からECへ

【記事コラム】中国KOLの市場規模は約1兆7千億円!主な収益源は広告からECへ

「网红(KOL)」とは中国のインターネット上で活躍するインフルエンサーのこと。その影響力の大きさに中国のEC業界では欠かせない存在となっています。先日のダブルイレブンでも大きな役割をになった网红たち、その実態はどうなっているのでしょうか?
【記事コラム】MAU1.8億のショート動画コミュニティ「快手」、KOLコマースの盛り上がりはダブルイレブンでもスゴかった

【記事コラム】MAU1.8億のショート動画コミュニティ「快手」、KOLコマースの盛り上がりはダブルイレブンでもスゴかった

「快手」というアプリをご存知でしょうか??TikTok最大のライバルとも言われ、今中国で大人気のショート動画コミュニティの1つです。世界最大のEC市場を持つ中国では、ショート動画コミュニティを利用した「KOLコマース」が大きな盛り上がりをみせています。
15 件