【記事コラム】86%の「ビリビリ動画」コスメ系KOLがタイアップ広告で収益化。コスメ業界で注目される「ビリビリ動画」の特徴とは?

【記事コラム】86%の「ビリビリ動画」コスメ系KOLがタイアップ広告で収益化。コスメ業界で注目される「ビリビリ動画」の特徴とは?

メイクはすでに中国の若者にとって日常に欠かせず、見た目に気を配ることは相手へのリスペクトを意味するようになりました。動画プラットフォームでは多くのメイク動画が視聴数を伸ばし、中国のコスメ業界でもっとも重要視されるマーケティングにの主戦場となっています。中でも注目が集まる「ビリビリ動画(bilibili・B站)」のUP主(動画をアップするKOLの意味)の特徴などについてご紹介します。
【記事コラム】KOL向け淘宝のアフィリエイトプログラムに新政策、6%の“特別サービス費”は誰のもの?

【記事コラム】KOL向け淘宝のアフィリエイトプログラムに新政策、6%の“特別サービス費”は誰のもの?

ショート動画等で人気のプラットフォーム「抖音(TikTok)」や「快手(Kuaishou)」等で商品販売するKOL達が利用する“淘宝客(KOL向けの淘宝のアフィリエイトプログラム)”に新ルールが適用され、KOLの収入に影響を及ぼそうとしています。プラットフォームとKOLを巻き込んだ“淘宝客”の新たな政策をご紹介します。
【記事コラム】高齢者KOL(インフルエンサー)“老年網紅“、中国の抖音(TikTok)と快手(Kuaishou)で大人気!?

【記事コラム】高齢者KOL(インフルエンサー)“老年網紅“、中国の抖音(TikTok)と快手(Kuaishou)で大人気!?

ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」や「快手(Kuaishou)」で、高齢者KOL(インフルエンサー)の“老年網紅”が登場しています。“老人”に対する既成概念を変える新たな潮流と、シニア市場のポテンシャルについてご紹介します。
Tik Tok(抖音)とは?中国発のショート動画共有アプリ「Tik Tok」の基礎知識

Tik Tok(抖音)とは?中国発のショート動画共有アプリ「Tik Tok」の基礎知識

中国では近年、短編動画が若者の間で流行し、すでに多くの人々の日常生活の一部になっています。そこで今回は、いま中国で最も話題のショート動画アプリ「Tik Tok(抖音)」についてご紹介します。
【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

【記事コラム】ショート動画アプリ「快手(Kuaishou)」の躍進!その攻略法とは?

インターネット業界の成長が鈍化していると言われる中、ショート動画プラットフォームの「抖音(TikTok)」と「快手(Kuaishou)」だけは好調に成長を続け、ネット界の“怪事件”だと言われています。今からでも間に合う、「快手」の攻略法をご紹介します。
【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

【記事コラム】中国ECのマーケティング主戦場は“動画”דKOL”、「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」の事例紹介

90年代及び95年以降生まれの「Z世代」に人気動画プラットフォームの「ビリビリ動画」,「TikTok」,「快手」は、“動画”+“Eコマース”モデルでマネタイズの新手法を模索しています。消費の中心となる“Z世代”に照準を合わせたEコマースの新潮流をご紹介します。
【メディアトリップ】現在最も注目されているKOL『大佬甜er』の来日訪問取材を敢行!

【メディアトリップ】現在最も注目されているKOL『大佬甜er』の来日訪問取材を敢行!

bolomeが提供する『WeStock』の契約パートナーであるKOLが来日し、日本のメーカー様を訪問取材するメディアトリップの模様を紹介します。今回来日したのは人気急上昇中の美容系KOL『大佬甜er』、今をときめくトップKOLの来日訪問取材に密着しました!
【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

【記事コラム】中国MCNメディア最前線~1年弱でTikTokフォロワー総数2000万人超えのメディア企業に成長した「易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)」の軌跡

易及新媒体(YIJI NEW MEDIA)が運営する「Tik Tok(抖音、ドウイン)」のアカウントは50個以上、フォロワー総数2000万人超、それぞれのアカウントの月収入は10万元を超え、ショート動画の時流に乗り中国MCNメディアとして成功を収めた企業の1社です。以前は画像コンテンツ制作・配信で毎月数十万元の収益を上げ、順調な会社経営だったにも関わらず、同社はなぜ、ためらうことなくショート動画市場へ全面転戦したのでしょうか。その背景には、どのような経験や教訓があるのでしょうか?
【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

【記事コラム】KOLコマースのパイオニア「如涵(Ruhan)」がNASDAQ上場承認、中国“KOL”ビジネスの主戦場はEコマースへ

淘宝におけるKOLコマースのパイオニア「如涵(RuHnn)」の始まりは、最初に立ち上げたブランド「莉贝琳(liblin)」。同ショップを展開する中でスーパーKOL“張大奕”を発掘し、KOLを活用したECのビジネスモデルを確立しました。中国の“KOL”ビジネスは後半戦へ突入し、如涵の上場に合わせて「KOL」+「Eコマース」のビジネスモデルが注目を集めています。
【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

【記事コラム】1日のライブ配信件数が5万件を超える「淘宝直播(タオバオライブ)」が単独アプリとしてリリース

淘宝(タオバオ)のライブ配信ツール「淘宝直播(タオバオライブ)」のアプリ版が登場しました。これまでは、淘宝の中の一つの機能として提供されていた「淘宝直播」ですが、ライブコマースの独立したプラットフォームとして生まれ変わり、淘宝や天猫(Tmall)の出店者や「ライバー(ライブ配信者)」から注目を集めています。
【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

【記事コラム】2019年は人気KOLの「動画ブログ(Vlog)」元年?大手企業も続々とマーケティング活用を開始

ブログのような日記を文章ではなく動画で撮って投稿する「動画ブログ(Vlog)」、人気KOLが動画ブログで紹介した商品が話題になるなど、大手企業による「動画ブログ」のマーケティング活用が始まっている。新たなマーケティング手法として注目を集める中国の「動画ブログ(Vlog)」事情をご紹介します。
【記事コラム】高学歴KOLや1,000万フォロワー獲得のドラマ「食堂夜話」等、中国「TikTok」を中心に巻き起こる最新トレンド紹介

【記事コラム】高学歴KOLや1,000万フォロワー獲得のドラマ「食堂夜話」等、中国「TikTok」を中心に巻き起こる最新トレンド紹介

“高学歴”を武器に人気を集める網紅(インフルエンサー、KOL)、わずか2ヶ月間で1,000万のフォロワー獲得したドラマ「食堂夜話」等、「TikTok」の中国本家アプリ「抖音(ドウイン)」を中心に巻き起こる最新トレンドをご紹介します。
【プレスリリース】中国越境ECパイオニアのbolome、 動画共有アプリ「抖音(TikTok)」のKOLと連携しマーケティング・プロモーション支援を開始

【プレスリリース】中国越境ECパイオニアのbolome、 動画共有アプリ「抖音(TikTok)」のKOLと連携しマーケティング・プロモーション支援を開始

株式会社bolomeは、中国最大級のインフルエンサー(KOL)越境ECショップの一元管理プラットフォーム「WeStock」を提供しており、150名以上のKOLのネットショップを使い越境ECのマーケティング支援サービスを提供しておりますが、この度、「TikTok」の中国本家アプリ「抖音(ドウイン)」のKOLと連携した日本商品の中国向け越境EC販売、及びプロモーション支援を開始いたしました。
【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

【記事コラム】中国春節の“紅包(現金バラマキ)合戦”に「TikTok」も参入、2019年は新旧プラットフォームが入り乱れた大合戦

毎年春節の時期になると注目を集める“紅包”マーケティングは、名実ともに中国の新しい文化となっています。スマホ決済の定着により「微信支付(WeChat Pay)」と「支付宝(アリペイ)による合戦は一段落、2019年は「抖音(TikTok)」等による新しい紅包マーケティングの出現で再び過熱化しています。これまでの紅包合戦と今年注目を集めた紅包マーケティングをご紹介します。
【記事コラム】「小米(Xiaomi)」が「抖音(TikTok)」でポップアップストア開設、先行予約販売は500万台超え!

【記事コラム】「小米(Xiaomi)」が「抖音(TikTok)」でポップアップストア開設、先行予約販売は500万台超え!

「小米(Xiaomi)」が「抖音(TikTok)」で新商品発表を行い、中国のTikTok上に設けられた“ポップアップストア(期間限定店舗)”で先行予約販売を実施。両社がWin-Winの大きな成果を上げたマーケティング事例をご紹介します。
17 件