「電商法」とは?ついにはじまった「中国電商法」の基礎知識

「電商法」とは?ついにはじまった「中国電商法」の基礎知識

越境EC販売や日本本土リアル店舗のインバウンド対策に関わる中国の「電子商務法」(電商法)。 日本国内の小売ショップやメーカーは少なからず、影響を受けていることでしょう。そこで今回は、中国電商法とはどのようなものなのかご紹介します。
【記事コラム】中国の芸能人夫婦が「微商」で手掛ける化粧品ブランド、納税額は約21億元(336億円)の見込み

【記事コラム】中国の芸能人夫婦が「微商」で手掛ける化粧品ブランド、納税額は約21億元(336億円)の見込み

中国の有名芸能人夫婦が「微商」で手掛ける化粧品ブランド「TST」、2018年度の上海青海区高額納税者ランキングでトップ100入りし、納税額は約21億元(336億円)に達したことが話題となっています。ソーシャルメディアを利用した『個人』を軸にした代理店体制、「新電商法」への対応と合わせてご紹介します。
【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

【記事コラム】中国Eコマース戦局!EC戦国時代を戦う各社戦略をポジショニング理論で徹底分析

2大巨頭の“アリババ”と“京東”、台頭する“拼多多”、独自戦略で生き残る“小紅書”、“雲集”、“網易”。アル・ライズのポジショニング理論によると、市場参入戦略は“攻撃戦”、“防御戦”、“フランキング戦”、“ゲリラ戦”の4つに分類されます。年々と競争が激化する中国EC業界、各プラットフォームのポジショニング戦略からその特徴を分析します。
【記事コラム】遂に施行された改訂版「電商法」、困るのは「代購」を生業とするソーシャルバイヤーだけじゃない?

【記事コラム】遂に施行された改訂版「電商法」、困るのは「代購」を生業とするソーシャルバイヤーだけじゃない?

2019年1月1日から「電商法」改訂版が施行されました。WeChatを使って顧客から注文を受け、海外の商品を代理購入し販売するという「代購」がブームになり、納めるべき税金を納めない「ソーシャルバイヤー」が社会問題になっていました。それにメスを入れるかたちで施行された改訂版「電商法」、今後どのように取り締まっていくのか?またどのような影響があるのでしょうか?
【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

【記事コラム】改訂版「電商法」の施行で大激震、淘汰される“代購”や“微商”などの「ソーシャルバイヤー」達

“代購”や“微商”などによるソーシャルバイヤーの市場規模は11兆円もあると言われています。2019年1月1日に施行された改訂版「電商法」、その影響はすでに予想を超えて現れており、ソーシャルバイヤーとその顧客たちに大きな波紋を投げかけています。
【記事コラム】中国政府がついに「代購」規制、新たな電子商取引法の施行に伴う影響は・・・?

【記事コラム】中国政府がついに「代購」規制、新たな電子商取引法の施行に伴う影響は・・・?

越境ECなど中国で更なる拡大を続けているネット通販ですが、2019年1月1日に「中華人民共和国電子商務法(電子商取引法)」が施行されます。同法は個人・法人・非法人組織にかかわらず、電子商取引業者に対して登記の義務を定めています。それにより大きな打撃を受ける人たちがいる、その人たちとは・・・?
6 件