【記事コラム】ガバナンス強化のためKOLを一掃した「小紅書(RED)」に新たな“种草”問題。この逆境をどう活かす?

【記事コラム】ガバナンス強化のためKOLを一掃した「小紅書(RED)」に新たな“种草”問題。この逆境をどう活かす?

7月29日、「小紅書(RED)」アプリが、「応用宝」、「华为(HUAWEI)」、「OPPO」等スマホメーカー」やアンドロイドのアプリケーションストアからダウンロードできないという報告が相次ぎました。原因は「小紅書」プラットフォームに掲載された違法コンテンツであると推測されており、各コンテンツプラットフォームにとって、KOL(インフルエンサー)が投稿するコンテンツ審査の管理体制強化が課題となっています。「小紅書」及び業界の取り組みをご紹介します。
1 件